男性の茶席の装い~宗徧流の会報誌「知音」で紹介いただきました|メディア

宗徧流 知音

茶道の一派・宗徧流の会報誌「知音」にて「銀座もとじ 男のきもの」を紹介いただきました。

連載「名月さまと学ぶ 暮らしに生かす和のきほん」の第五回のテーマは「男のきものの真・行・草」。宗家ご長女の名月様がご来店され、二代目 泉二啓太より「男性の茶席の装い」におすすめの着物や袴について、お話をさせていただきました。

p6~7 宗家ご長女の名月様と二代目 泉二啓太
p8~9 袴の畳み方もご紹介

誌面でも紹介された、人間国宝 甲田綏郎作の「精好仙台平」袴

礼装にもなる「精好仙台平」は、美しく折り目が保たれ、正座から立ち上がった時にすっと形が整うのが特長。

オンラインショップ「袴」一覧はこちら