今月の国立劇場~銀座もとじショーケース~

国立劇場・大劇場2階の「銀座もとじ」ショーケースにて、プラチナボーイのご紹介や、コーディネートなどを展示しております。お立ち寄りの際は、ぜひご覧ください。

お問合わせ:03-5524-3222

展示品

【女性】
万筋の江戸小紋に、厄除けの縁起柄である鱗文の染帯を合わせ、紅白の帯締めで新年を寿ぐ気持ちを添えて。鱗文は能や歌舞伎では鬼女や蛇の化身の衣装にも用いられ、観劇の装いにもおすすめの柄です。
きもの:江戸小紋 着尺 「万筋 黒」
帯:染九寸名古屋帯「取方鱗文様」


【男性】
ひげ紬とは、紬の糸の一部を織り込まずに糸の端を表面に出して織りあげることで、ひげが生えているような表情が生まれる紬のこと。「網織紬」とも呼ばれ、その昔、漁師の投網が絹で作られていた頃、古くなった投網を割いた糸を紡いで織られていたといいます。表情豊かな風合いは、着物はもちろん羽織としても人気です。

きもの:(羽織にもおすすめ) 紬着尺「ひげ紬」(広巾)
3色~グレー濃紫濃茶

国立劇場ホームページはこちら