《《9/30~10/5 名古屋にて》「第67回 日本伝統工芸展」が開催されています

9月16日(水)より、 東京での開催を皮切りに全国10の会場で「第67回 日本伝統工芸展(令和2年)」が開催。 染織をはじめとする諸工芸7つの部門の伝統の技術を現代の感性で磨き上げた素晴らしい作品が並びます。ぜひ、足をお運びください。

「日本伝統工芸展 」は、歴史上・芸術上価値の高い工芸技術を保護育成するために昭和29年から毎年開催され、 日本工芸会が文化庁・東京都教育委員会・NHK・朝日新聞社と共に主催する国内最大規模の公募展です。

第67回 日本伝統工芸展にて、松枝哲哉さんの作品が「文部科学大臣賞」を受賞されました

※銀座もとじは2019年より「公益社団法人 日本工芸会」の協力企業として活動を応援させていただいております。
詳しくはこちら>>

日本工芸会とは

公益社団法人日本工芸会は、重要無形文化財保持者(いわゆる人間国宝)を中心に伝統工芸作家、技術者等で組織する団体で、現在、工芸分野重要無形文化財保持者59人中、日本刀、手漉和紙等分野を除く48人を含め正会員約1,300名が所属。
「日本伝統工芸展」は年1回開催され、他に下部組織の全国9支部では毎年支部展を、また専門分野別の7部会年では年1回の部会展を開催。無形文化財(工芸技術)の保存・伝承及び公開に関する事業を推し進め、その実績では他に比較するもののない唯一の組織です。

「日本工芸会」ホームページはこちら

全国巡回スケジュール

※東京展は全作品が展示されますが、それ以外の会場ではすべての入選作品が展示されるわけではありませんのでご注意ください。

東京  2020年9月16日~ 2020年9月28日
名古屋 2020年9月30日~ 2020年10月5日
京都  2020年10月14日~ 2020年10月16日
金沢  2020年10月23日~ 2020年11月3日
大阪 ※展覧会の開催が中止となりました
岡山  2020年11月13日~ 2020年11月29日
松江  2020年12月2日~ 2020年12月25日
高松  2021年1月2日~ 2021年1月17日
仙台  2021年1月21日~ 2021年1月26日
福岡  2021年2月3日~ 2021年2月8日
広島  2021年2月17日~ 2021年3月7日

スケジュールの詳細はこちら

日本工芸会正会員作家作品はこちら