犬飼千賀子さんのぎゃらりートークを開催しました|今日の店主

(左から犬飼千賀子さん、店主・泉二弘明)
(左から犬飼千賀子さん、店主・泉二弘明)

2019年2月22日(金)から24日(日)まで、銀座もとじ和染にて「犬飼千賀子展~春夏秋冬を愛でる染め帯」を開催。
23日(土)の10時からはぎゃらりートーク、23日(土)との24日(日)の両日午後3時から作品解説のミニトークを行いました。

3年ぶり4回目の個展となる今回も、犬飼千賀子さんらしい詩情あふれる表現ががますます冴えわたる春夏秋冬の季節の染め帯が揃いました。

ご自身もお着物をよくお召しになられるという犬飼千賀子さんは、日頃からその季節、その時どきの心情や場にふさわしい装いを愉しまれています。ぎゃらりートークには、黒地に棕櫚の葉が伸びやかに広がる帯で「銀座の街を闊歩するイメージで、モダンに」装ってこられたとのこと。2012年2月、初個展を迎えた日に梅柄の帯を締めて東京へ向かわれていたところ、新幹線の中で東京では雪が降っていることを知り、車内で雪の帯に締め直して銀座もとじへ来られたというエピソードも披露してくださいました。

季節の草花に心を寄せ、まだ見ぬ装う方のことを想いながら丁寧に描き染められた作品に、お集まりの皆様が魅了されていらっしゃいました。ご来場くださった皆様、店頭やオンラインショップで作品をご覧くださった皆様に、心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

「犬飼千賀子」ご紹介ページはこちら
「犬飼千賀子展~春夏秋冬を愛でる染め帯」詳細はこちら