ご注文・お問い合わせはこちら(11:00〜19:00) 03-5524-3222
銀座もとじ
ウェブ会員の方はいつでも《5%OFFクーポンコード:motoji》をご利用になれます。今ならメルマガ登録で15%OFFクーポン進呈!

お知らせ

  • 《素材感を楽しむ》「くつろぎの木綿」特集

《素材感を楽しむ》「くつろぎの木綿」特集

《素材感を楽しむ》「くつろぎの木綿」特集

綿素材の着物や帯で、ご自宅で過ごす時間をくつろぎの時間にしませんか?
木綿らしいざっくりとした風合いの「久留米絣」や「丹波布」、極細糸で滑らかに織り上げた「綿薩摩」など、人と風土が織りなす豊かな素材感をお楽しみください。

オンラインショップ
特集コーナーはこちら

久留米絣(くるめかすり)/福岡県

江戸時代に12才の少女・井上伝が考案した絣染め。
藍の濃淡と白のコントラストが魅せる綿織物。

福岡県久留米市周辺で生産される綿織物。素朴な木綿地に染められた、藍の濃淡と白のみのコントラストの美しさ。丹念に織り込まれた絣模様と、丁寧に染め上げられた藍色が醸し出す温かな風合いが魅力の久留米絣は、19世紀の初めに12才の少女、 井上伝によって生み出されました。江戸時代寛政年間の頃、着古した着物が色あせてまだら模様になっていることに興味を持ち、絣模様の作り方を考案。文様が掠れて見えることから「加寿利」と名付けられ、それが久留米絣の発祥と言われています。日常着として愛されてきた久留米絣は、長い歴史の中で技術と文様が練磨され、絣織りの最高峰としてその価値を高めています。1957年には国の重要無形文化財に指定されました。指定条件は次の通りです。(1)手くびりによる絣糸を用いる。(2)純正天然藍で染める。(3)投げ杼による手織。

久留米絣・松枝哲哉さんの紹介ページはこちら

久留米絣・松枝小夜子さんの紹介ページはこちら

丹波布(たんばぬの)/兵庫県

柳宗悦氏と上村六郎氏が復興させた伝説の木綿布。
手紡ぎ、草木染め、手織りの技法を守る素朴な美しさ。

丹波市青垣町で織られる丹波布は、江戸時代末に始まる伝統の織物です。一度は途絶えてしまった幻の布を、昭和初期に民藝活動家・柳宗悦氏が見出し上村六郎氏と共に復興させました。
経糸緯糸ともに手紡ぎの木綿糸で織られますが、時には緯糸に綿と絹を混ぜて紡がれた糸が用いられることもあります。
本来の呼び名は縞貫や佐治木綿でしたが、柳宗悦氏が「日本工藝」で丹波布の名で紹介して以来、丹波布の名で通るようになりました。ざっくりとした風合と素朴な美しさから、柳宗悦氏に「静かな渋い布」と称されて愛されたと言われます。
文献や人々の記憶をたどりよみがえった丹波布は、伝統的な技法を守り、手紡ぎ糸、草木染め、手織りとすべての工程を手作業で作られています。素朴な風合いの縞木綿布として現代に継承されています。

綿薩摩(めんさつま)/鹿児島県

品ある光沢を放つ「綿のダイヤモンド」。
脱ぎたくなくなるほどの着心地の良さ。

綿薩摩は、薩摩絣や薩摩木綿とも呼ばれる、大島紬と同じ「締機」技法により精緻な絣柄を織りだした木綿の織物。宮崎県都城市の東郷織物創始者である故・永江明夫氏によりこの世に誕生しました。 「綿薩摩 手織絣 誠実無比」 かの武者小路実篤氏が永江明夫氏の綿薩摩を身にまとった時、その余りにも素晴らしい肌触りと類のない着心地のよさ、そして絣柄の素晴らしさに感動し自ら書き贈った言葉です。 「誠実無比」は、綿薩摩作りに半生を捧げた永江明夫氏の人柄そのものを言い表したものでもあります。糸一本一本にこだわり、絣一つ一つにこだわり、すべての人の憧れとなる織物を作り上げようと織物一筋に傾けてきた情熱が、「幻の綿薩摩」と呼ばれる作品の数々を生み出しました。 経糸に80番手、緯糸に60番手という極細の糸を用いており、軽く、しっとりと肌に吸い付くようなしなやかな風合いは、カジュアルな綿のイメージとは全く違う、綿薩摩ならではの魅力を放っています。

オンラインショップ
特集コーナーはこちら


《動画で紹介》こんなにカンタン!お手元確認サービス~今なら往復送料無料!~

今なら、購入の有無にかかわらず《往復送料無料》で承ります。

外出せずにご自宅で、購入前の商品を直接ご覧いただける「お手元確認サービス」をご利用になりませんか?画面では伝わりにくい風合いやお色味、お顏映りやお手持ちの帯・着物との相性をお確かめいただけます。

詳しくはこちら