MENU
吉岡幸雄

草木染・吉岡幸雄(よしおかさちお)

染織史家であり染色界の第一人者。
植物染により雅やかな日本の伝統色を再現。

1946年、京都で江戸時代から続く染屋「染司よしおか」5代目当主をつとめられている吉岡幸雄さん。染織史家であり、日本の染色界の第一人者でいらっしゃいます。 学生時代はジャーナリストを志望し早稲田大学第一文学部に入学。卒業後、美術工芸図書出版「紫紅社」を設立し出版・広告界でのご活躍を経て、1988年に家業へ。日本の伝統色の再現に取り組み、毎年、東大寺お水取りの椿の造り花の紅花染和紙をはじめ、古社寺の伝統的な仕事にも多く従事されています。 「染司よしおか」の染めは古来より用いられてきた天然染料によるもの。草樹花実に宿る色を汲みだして糸や布を染める植物染や、貝による帝王紫の染色を専門にされています。平安王朝から抜け出てきたような雅やかな美しい彩りは、ひとつの色の中にも悠久の歴史と文化を感じさせます。

Reading読みもの

「色、彩、いろ」吉岡幸雄作品展|和織物語

人というのは、身近に感じるものにほど多彩な名付けをするという。和の色名を知るほどに、日本人の色彩への感受性に驚かされる。瓶覗、縹色、藍、紺。ブルー系の色名は有名どころだけれど、さらに古典をひもとけば…

Colours of Japan - 色彩古道~吉岡幸雄 古稀記念展~|和織物語

今、日本の色を植物で染め上げる工房として、国内はもとより海外からも高い評価を得ている染司よしおかは、京都の南、伏見区にある。かつては伏水とも表された名水の地で、酒どころでもある。最寄りの駅は、京阪宇…

吉岡幸雄

1946年 京都市に生まれる。生家は江戸時代から四代続く染屋
1971年 早稲田大学第一文学部卒業
1973年 美術図書出版「紫紅社」を設立
1988年 生家「染司よしおか」五代目当主を継ぐ
     染師福田伝士氏と二人三脚で日本の伝統色の再現に取り組む
1991年 奈良薬師寺三蔵院に捧げる幡5旗を多色夾纈によって制作(きもの文化賞受賞)
1992年 奈良薬師寺「玄奘三蔵会大祭」での伎楽装束45領を制作
2009年 京都府文化賞功労賞受賞
2010年 第58回 菊池寛賞受賞(日本文学振興会主催)
2012年  第63回 (平成23年度) 日本放送協会 放送文化賞受賞

Coordinateコーディネート

作家産地一覧に戻る