MENU
山下芙美子

日本工芸会正会員 黄八丈・山下芙美子(やましたふみこ)

黄八丈ならではの気高い織りの質感と
洗練されたモダンな色彩感覚。

目に鮮やかな黄金に輝く山吹色、どこか懐かしさを感じさせる茶褐色の鳶色、漆黒の艶と気品を放つ黒色。「黄八丈」はその独特の糸の輝きと艶で着る人見る人を魅了します。八丈島で代々黄八丈を織る山下家。 四代目となる山下芙美子さんは、お母様の故・山下八百子さんが柳悦博氏に師事された後に開設された「山下め由工房」を引き継ぎ、伝統を受け継ぎながらも、現代の街並みに合う洗練された黄八丈を作られています。 確かな織の技術の上に奥深い色彩が重ねられ、「絹糸」がさらに命を持って存在しているかのよう。織模様のモダンさと気高い質感。年月を経てさらに深く、よいお色目に変化していく、草木染ならではの楽しみも堪能いただけます。 東京生まれの黄八丈は1948年に東京都の無形文化財に指定されました。

Reading読みもの

光を染め風を織る「黄八丈」|和織物語

目に鮮やかな黄金に輝く山吹色、見る方向で輝きが違うシックで落ち着いた茶褐色の鳶色、漆黒で独特の艶と気品を放つ黒色。 「黄八丈」はその独特の糸の輝きと艶で、見る人をそして着る人を魅了します。薄い空気の層…

目に鮮やかな黄八丈展|和織物語

目に鮮やかに輝くやまぶき色、そして茶褐色の鳶、漆黒の黒。 黄八丈の持つこの糸の輝きはどこからやってくるのか・・どうしてこんなに輝いて艶やかなのか・・そしてどうしてこの黄八丈は魅力的なのか? なぜ着物好き…

Coordinateコーディネート

作家産地一覧に戻る