MENU
山田貢

人間国宝・日本工芸会正会員 友禅・山田貢(やまだみつぎ)

見る者を圧倒する大胆な構図と絵際の明確さ。
後の友禅界に大きな影響を与えた一人。

重要無形文化財保持者(人間国宝)の故・山田貢氏。伝統的な友禅技法を駆使した卓越した技術で、大胆な構図と清冽な色彩による新しい友禅の世界を切り拓かれ、染織界に大きな影響を与えた一人です。松や波、魚などの自然物のほか古典的な模様を題材に描かれ、伝統的なもち糊による糸目・堰出し・叩きなどの防染糊の巧みな手技による絵際の明確さが迫力ある力強い美しさを完成させ、見る者を魅了します。 1912年、岐阜県岐阜市に生まれ、14歳で友禅作家の中村勝馬氏に師事。手書友禅、蠟染の技法を学ばれ二科展工芸部への連続入選を果たされた後、1951年に友禅作家として独立。友禅染誕生時代の装束の品格を理想として能装束・狂言装束の意匠と文様の研究を行い、1957年からは日本伝統工芸展に出品し、1960年に日本工芸会正会員認定。1984年には「友禅」の分野で重要無形文化財保持者に認定されました。後年は復元事業をはじめ後進の育成にも専念するなど精力的に活動され、2002年没。享年90。

Reading読みもの

「人間国宝の染と織」展にて外舘和子さんのぎゃらりートークを開催しました

2015年8月27日(木)〜30日(日)まで、銀座もとじにて『技の継承から創造へ 人間国宝の染と織 展』を開催。8月29日(土)には工芸評論家/工芸史家の外舘和子さんをお迎えし、人間国宝に認定された作家の方々の創意…

作家産地一覧に戻る