MENU
上野街子

友禅・上野街子(うえのまちこ)

名門・上野家の品格を受け継ぎ、さらに前へ。
香るような女性らしさと古典の情緒。

京友禅の名門「上野家」。初代 上野清江(うえのせいこう)氏から始まった友禅の染匠として歩み、その息子、二代目 上野為二 (うえのためじ) 氏は友禅の世界で初めて人間国宝に認定されました。その次男が上野清二(うえのせいじ)氏、上野街子さんは清二氏とご結婚され、上野家に入られました。清二氏が急逝された後、そのご遺志を引き継ぎ、街子さんは上野家の伝統を大切にしながらものづくりを進められています。 古典の中に現代的なセンスを漂わせる、洗練された美しさ。上野街子さんの染め描く伝統柄は、香るような女性らしさと品の良い古典の情緒を感じさせます。

Coordinateコーディネート

作家産地一覧に戻る