MENU
東京友禅

東京都・東京友禅(とうきょうゆうぜん)

真糊糸目友禅ならではの味わいが醸す
抑えた色調に漂う気品と美しさ。

友禅染めは、江戸時代の貞享年間に京都の扇面絵師・宮崎友禅斎が始めたといわれています。 東京友禅は、徳川家康が江戸幕府を開設した際、大名のお抱えの染め師や絵師などが京から移り住み、各種技術・技法が伝承され発展したといわれています。 京友禅のような分業制ではなく、下絵、染め、仕上げまでの全行程を一人の作者が一貫して行い、色調を抑えた中にも秘めた美しさと気品が漂う作風が特徴です。 友禅染は、柄の輪郭を「糸目糊」で描くことで染料の滲みやはみ出しを防ぎ、繊細な色彩表現を可能にしています。東京友禅ではその多くが、江戸小袖に用いられていた真糊糸目友禅(本糸目友禅)の製法を守り続け、抑揚のついた味わいのある染上がりにこだわっています。職人達の分業による古典的で伝統的な技法であるこの真糊糸目友禅は、高度な技術と多彩な経験を必要とします。

Coordinateコーディネート

作家産地一覧に戻る