MENU
田畑喜八

友禅・田畑喜八(たばたきはち)

お召しになる人が「華主」。
藍彩の美しさ際立ち、品格あふれる茶屋辻模様。

着る人が「華主」。お召しになる女性が「華の主」として一番美しく輝いて見えるように最大限の力を尽くしてものを作る、それが自分の仕事と言い切る五代 田畑喜八さん。 京友禅を手掛ける染屋として、田畑家では「藍の濃淡・摺疋田・縫い箔」を得意としてものづくりをされ、中でもライフワークとして手がける「茶屋辻染め」は独特の藍彩の美しさが際立ち、伝統的な古典文様を個性的に演出した品格のある粋を感じさせる出色の作品です。江戸時代から大切に使い続ける「藍の墨棒」で加筆することで図柄に陰影を添え、藍の濃淡を基調とした気品あふれ格調高い、優雅でありながら芯に力強さのある着物を作り上げています。

オンラインショップ

Reading読みもの

着る人と完成させる模様染め - 五代 田畑喜八の世界|和織物語

京都の友禅が今、新たな局面を迎えている。京友禅振興協議会は、「京友禅」に手描きの糸目友禅や型友禅のほか、機械捺染、インクジェット染をも含むとし、そのいずれにも「京友禅」の証紙を発行するようになった。…

五代・田畑喜八 ~お召しになる人が「華主」さらに麗しく輝いて~|和織物語

着る人が「華主」。 お召しになる女性が「華の主」として一番美しく輝いて見えるように最大限の力を尽くしてものを作る。それが自分の仕事と言い切る五代田畑喜八氏。五代を襲名するに当たり「10点」の茶屋辻の製作…

五代田畑喜八さん|泉二の一口対談

<五代 田畑喜八さんプロフィール> 1935年 京都府生まれ 1959年 早稲田大学第一文学部美術専修卒業 1961年 京都市立美術大学日本画科終了 同年   田畑染飾美術研究所入所 1971年 株式会社田畑染飾美術研究所設立 1995年 五代田畑喜八襲名 代…

田畑喜八

1935年 京都府生まれ
1959年 早稲田大学第一文学部美術専修卒業
1961年 京都市立美術大学日本画科終了
     田畑染飾美術研究所入所
1971年 株式会社田畑染飾美術研究所設立
1995年 五代田畑喜八襲名 代表取締役社長就任
2000年 伝統工芸品産業功労者褒賞
2006年 旭日双光章受章

Coordinateコーディネート

作家産地一覧に戻る