MENU
白鷹お召

山形県・白鷹お召(しらたかおめし)

独特のシボ感と精緻な絣柄が特徴。
さらりと肌をすべるシャリ感は単衣にも。

山形県白鷹町で織られ、精緻な絣柄とさらりと肌をすべるシャリ感のある地風が特徴の白鷹お召。緯糸に強く撚りをかけた糸を織り込むことで生み出されるシボ感によって、肌にぴったりと生地が付きすぎることなく、風が通りやすいので単衣にも根強い人気があります。 細かい絣柄は「板締め技法」によるもの。溝を彫ったブナ材の板(絣板)に糸を巻きつけ、平らなもう一枚の板を重ねてネジで締め上げて、熱した染料を注ぎます。溝の部分に染料が回り込んで染まり、絣糸ができます。細かい絣合わせをしながら織り進めるのは高度な技術を要します。 絣板を作る職人(板大工)が不在になる危機を乗り越え、新たな溝掘りの技術が確立されるなど、優れた絣板の製造が続けられています。

作家産地一覧に戻る