MENU
白鷹上布

山形県・白鷹上布(しらたかじょうふ)

絹糸に特殊な撚りをかけた夏きもの。
さりげない節糸の味わいとシャリ感が魅力。

山形県白鷹町は昔から養蚕が盛んで300年前より機が織られてきました。 白鷹織の名が知られるようになったのは、上杉鷹山公の産業振興対策後と言われています。 白鷹上布は「上布」とありますが、素材は麻ではなく「絹」。やわらかなハリ感が肌に優しく、さらりとした絹感と、ほどよく肌になじむきれいな素材感をお楽しみいただけます。 袷向けとして白鷹お召を織られている織元が、夏向けに開発された上布のようなシャリ感を再現した織物です。撚った糸ではなく紬糸を使ったものは「白鷹紬」、特殊な撚りをかけた夏御召が「白鷹上布」あるいは「夏白鷹」と呼ばれます さりげない節糸がアクセントとなり味わい深い地風を醸し、シンプルで使いやすい夏の定番の着物として人気です。

作家産地一覧に戻る