MENU
首里織

沖縄県・首里織(しゅりおり)

琉球王府の首都・首里に伝わる伝統の織物。
戦後、宮平初子さんの尽力で美しさを今に伝える。

約500年にわたる琉球王府時代の首都・首里。その地で培われてきた首里の織物は、貴族や士族など高い身分の人々のための衣裳として作られ、美しく格調高い織物が創作されてきました。 戦後、一度はその伝統が途絶えそうになったことがありましたが、宮平初子さんが復興に努め、復活。現在、首里の織物は七種類(首里花織、道屯織、花倉織、諸取切、手縞、煮綛芭蕉布、花織手巾)の技法が伝えられており、それらを総称して首里織と呼びます。中でも花織と絽織りを交互に織り進める「花倉織」と経糸を浮かせて織る「道屯(ロートン)織」は首里織を代表する織物として知られ、王族専用とされていた華やぎと気品をたたえた独特の美しさが魅力です。 素材は絹糸を主に、綿糸、麻糸などの天然繊維を用いて、染料は琉球藍、福木、渋木、紅露などの植物染料が使われます。

オンラインショップ
作家産地一覧に戻る