MENU
城間栄順

日本工芸会正会員 琉球紅型・城間栄順(しろまえいじゅん)

紅型三宗家・城間家15代。
海と魚、自然への愛を作品に込めて。

1934年、紅型三宗家の一家「城間家」14代の城間栄喜さんの長男として生まれ、現在はご子息の16代城間栄市さんとともに、城間紅型工房を営まれています。 戦後の焼け野原の中で琉球紅型の復興に力を注いだお父様・栄喜さんから受け継いだ技術を、父譲りの職人気質と情熱で磨き上げ、現代に生きる紅型の創作活動に取り組まれています。海と魚、自然をこよなく愛し、綺麗な沖縄の海をモチーフにした作品も多数。妥協を許さない精緻な手仕事でありながら、作品全体に感じられる大自然のおおらかさとあたたかさに魅了されます。

Reading読みもの

城間栄順の琉球紅型|和織物語

蒼い空、碧い海、一面に広がる白い砂浜、太陽が燦燦と降り注ぐ大地『琉球紅型』は沖縄の地に生まれ育ちました。何度となく衰退の危機を辿りながらも、今なお、新しい風を吹かせ、新しい感性を含み、それでいて琉球…

城間栄順

1934年 那覇市に生まれる
首里高校卒業、人間国宝である父、城間栄喜とともに家業に従事する
1984年 沖縄三越にて「城間栄喜 栄順親子展」開催
1985年 琉球新報産業活動受賞
1991年 沖縄タイムス芸術選賞大賞受賞
2002年 日本伝統工芸会NHK会長賞受賞

Coordinateコーディネート

作家産地一覧に戻る