MENU
岡本隆志

国画会正会員 型絵染・岡本隆志(おかもとたかし)

モダンアートのような幾何学文様が
楽しい個性を演出する型絵染め作品。

神奈川県湯河原市の工房でものづくりをされる岡本隆志さん。浜松の染物業の家に生まれ、人間国宝・ 芹沢銈介氏に師事。芹沢門下生として出会った型絵染め作家・岡本紘子さんとは結婚後も一緒に創作活動を行っています。銀座もとじでは2016年に「二人展」として初個展を開催させていただきました。 「型絵染め」とは、1956年に芹沢銈介氏の技法が重要無形文化財に認定された際に他の型染め技法と区別するために名付けられたもので、図案から型彫、防染、染めまでの工程をすべて一人の製作者が一貫して手がけるため、作家の個性がより表現されやすく、創造性豊かな作品が生まれます。 モダンアートのような幾何学模様が楽しい角帯や九寸帯作品で、大人の遊び心と個性を軽やかに演出していただけます。

岡本隆志

1943年 静岡県浜松市に生まれる。実家は染物業。
1962年 芹沢銈介氏に入門
1964年 国画会、日本民藝展ともに初入選
1968年 独立
1968年 研究所同期生の岡本紘子氏さんと結婚
1976年 湯河原に工房を構える
1985年 国画会会員に推挙

Coordinateコーディネート

作家産地一覧に戻る