MENU
小千谷縮

重要無形文化財 新潟県・小千谷縮(おぢやちぢみ)

美しい絣模様を優しく織り上げ
繊細なシボが作る最高に贅沢な風合い。

新潟県小千谷市周辺を生産地とする、手績みの苧麻糸を地機で織り上げる上布織物。 緯糸に強い撚りをかけた糸を用いて、織りあがった後に湯もみをすることで、全体に凹凸感あるシボが生まれ、肌に張り付かない夏に涼しい生地となります。1955年には国の重要無形文化財に指定されました。 重要無形文化財指定の「小千谷縮」は下記の条件をすべて満たしています。 (1)すべて手うみした苧麻糸であること。(2)絣模様は手括りであること。(3)地機で織ること 。 (4)しぼ取りは湯もみによること。(5)地白のものは雪晒しすること。 現在は年間生産数 2反と言われる幻の織物です。

Reading読みもの

重要無形文化財「越後上布・小千谷縮」工房&雪晒し見学

「銀座もとじ店主 泉二弘明と行く日本きもの紀行」、第1回目として、国の重要無形文化財、そしてユネスコ無形文化遺産に指定の「越後上布」や「小千谷縮」の工房と雪晒しを見学に、8名のお客様とともに、雪深い新…

重要無形文化財「越後上布・小千谷縮」工房&雪晒し見学~続編~

2013年3月14日 <きもの紀行編> 重要無形文化財「越後上布・小千谷縮」工房&雪晒し見学 続編「銀座もとじ店主 泉二弘明と行く日本きもの紀行」、第1回目として、国の重要無形文化財、そしてユネスコ無形文化遺産に指…

Coordinateコーディネート

作家産地一覧に戻る