MENU
西陣織

京都府・西陣織(にしじんおり)

宮廷工業として発展し、金襴、緞子、唐織など
高度な紋織りで京都伝統の雅を表現。

西陣織とは、多品種少量生産が特徴の、京都・西陣で生産される先染の紋織物の総称。1976年に国の伝統工芸品に指定されました。 京都の機業は平安時代に「織部司」が設置されたことをきっかけに宮廷工業として発展してきました。「西陣織」という呼び名は、室町時代の応仁の乱が終わった後に、西軍の本陣(西陣)が構えていた付近に戦禍を逃れて離れていた職人達が集まり、織物業を再開したことがきっかけとなったといわれています。江戸時代には明の技術を学び、幕府の保護を受けるなどして高機を用いて金襴、緞子、絽などのほか、多色の糸で文様を織り出した唐織錦や綴錦など高級紋織物を生産。明治以降はジャカード機の導入により製品の種類が飛躍的に増加しました。 西陣織の特徴は複雑な文様を表現する紋織で、何千本もの経糸を上下させ、何十種類もの緯糸を一本ずつ通して複雑な模様を織り上げます。

Coordinateコーディネート

作家産地一覧に戻る