MENU
二代 上野為ニ

友禅・二代 上野為ニ(にだい うえのためじ)

上野家伝統の古典美をさらに高みへ。
繊細な糸目と色彩調和の素晴らしさ。

四季の美を一枚のきものへ華やかに映す京友禅。古典柄ならではの格調高さと、繊細な匠の技が重厚な意匠美に雅な麗しい世界を宿します。 本名 上野真氏。初代 上野清江(うえのせいこう)氏、為二 (うえのためじ) 氏(重要無形文化財保持者・人間国宝)、忠夫氏と続く京友禅の名家・上野家の四代目として1957年に生まれ、2003年に二代目 上野為二を襲名。 上野家伝統の茶屋辻や御所解模様の繊細な美しさや高い芸術性を受け継ぎながら、作風をさらに円熟させ、いっそうの高みへと押し上げようとされています。 糸目の細さにより美しく浮かび上がる一つ一つの柄。また、地色を引き染めてから細部の彩色を行うことにより、全体の色彩調和も素晴らしい仕上がりです。銀座もとじでは2017年に個展を開催させていただきました。

Coordinateコーディネート

作家産地一覧に戻る