MENU
長板中形

東京都・長板中形(ながいたちゅうがた)

江戸時代に浴衣地として発展した藍の型染め。
両面染めによる藍と白の明快な対比が真骨頂。

「長板中形」とは、江戸時代から伝わる伝統的な型染技法のひとつ。大紋(大形)と小紋(小形)の中間の大きさの模様型を使用することから「中形」と呼ばれるようになり、江戸時代より主に木綿の浴衣地が染められてきたため浴衣の代名詞にもなっています。 約6.5メートルの長いモミの一枚板の上に生地を張り付けて型紙を置き、防染糊を置いて、天日干しと豆汁引きの後、藍甕で浸染して美しい藍色に染め上げます。 「両面に防染糊を引く」というのが大きな特徴で、両面の同じ場所に糊を置いて藍甕で染めるため、藍と白のコントラストがより鮮やかに浮かび上がります。(片面だけ糊置きをすると、裏面は全面藍色に染まり、白の背景に藍色を感じる色になります)この、藍と白の明快な対比の美しさが長板中形の魅力です。

オンラインショップ

Reading読みもの

長板中形・松原伸生~「プラチナボーイ」と「もとじ綿」の“白生地”を工房までお届け~

2013年5月、銀座もとじにて3度目となる長板中形の藍型染作家 松原伸生さんの「銀座もとじ 和織・和染」「銀座もとじ 男のきもの」での作品展の開催が決定いたしました!“一本の糸から”素材にこだわった、顔の見える…

長板中形・松原伸生~新作の制作に向けて「プラチナボーイ」「もとじ綿」に染める型紙選び~

2013年5月、銀座もとじにて3度目となる長板中形の藍型染作家 松原伸生さんの「銀座もとじ 和織・和染」「銀座もとじ 男のきもの」での作品展の開催が決定いたしました!“一本の糸から”素材にこだわった、顔の見える…

長板中形・松原伸生~厳選の型紙にて制作いただいた、長板中形の男&女新作が届きました~

いよいよ2013年5月9日より、銀座もとじにて3度目となる長板中形の藍型染作家 松原伸生さんの個展が開催されます。江戸時代から続く技法を受け継ぐ松原伸生さんの、表裏、両面型付けによる長板中形の藍と白のコン…

Coordinateコーディネート

作家産地一覧に戻る