MENU
宮古上布

重要無形文化財 沖縄県・宮古上布(みやこじょうふ)

透き通ったトンボの羽を思わせる薄さと
砧打ちで仕上げるしなやかな艶めき。

宮古上布は、島で育つ苧麻を原料とした手績みによる糸作り、藍や植物染料による染め、締機や手括りによる絣括り、手織り、砧打ちなどの工程を経て作られた独特の艶と、軽くやわらかな風合いが特徴の夏の最高級品です。1978年に国の重要無形文化財に認定。2003年には、糸績み技術が国選定保存技術となっています。 薄く軽やかで透き通ったトンボの羽を思わせる宮古上布は、苧麻糸の際立った細さから、触れてみると意外なほどしなやかな弾みがあり、肌につかず離れず風が通り抜けていきます。一日数センチと言う気の遠くなるような時間を掛けて織り上げられた反物は、光沢を出す為に糊付けされ、樫の木の台に置いて木槌で叩く「砧打ち」をします。3キロの木槌で3時間から4時間、叩き続けてやっとしなやかさと艶を蓄えたあの上布が出来あがります。

オンラインショップ

Reading読みもの

宮古上布作家 新里玲子さんのぎゃらりートークを開催しました

2014年5月15日(木)〜18日(日)まで、銀座もとじにて開催した『憧れの宮古上布展』。 5月18日(日)には新里玲子さんをお迎えし、ぎゃらりートークを開催しました。1948年宮古島生まれ。当時、島で生まれた若者の合…

「北から南 日本の自然布展」シンポジウムを開催しました

2015年6月20日(土)〜26日(金)、銀座もとじにて『北から南 日本の自然布展』を開催。初日となる6月20日(土)には産地の方々が一堂に会し、自然布の現状と未来を考えるシンポジウムが行われました。産地の方々し…

作家産地一覧に戻る