MENU
松枝小夜子

日本工芸会正会員 久留米絣・松枝小夜子(まつえださよこ)

松枝家の伝統を受け継ぎながら
凛としなやかな、現代に息づく久留米絣。

150年間にわたって絵絣の技を継承する久留米絣の名家・松枝家の5代目当主、松枝哲也さんの奥様で、現在ご夫妻で「藍生庵」を構え様々な場で活躍されています。 1955年、熊本市生まれ。東京芸術大学の油絵科に入られ、彫刻科に進むことを考えていましたが、重要無形文化財「紬縞織・絣織」保持者(沖縄県)の宗廣力三先生の作品に出合い染織の道に進むことを決意。1979年には宗廣力三が主催する郡上工芸研究所に入り2年ほど修行されます。その後1985年の哲也さんとの結婚を機に久留米絣に携わり、1988年には日本伝統工芸展初入選を果たされ、1997年に日本工芸会正会員認定。 藍と白のコントラストと繊細な階調を駆使して表現される、空間性あふれる世界観。時には絣の曲線を端正に織り出し、凛としなやかな、現代に息づく久留米絣を手がけられています。

オンラインショップ

Reading読みもの

久留米絣 松枝哲哉・小夜子~松枝夫妻の工房へ初めての訪問・ご挨拶~

絵絣を得意とする松枝家の久留米絣の技を継承する松枝哲哉・小夜子ご夫妻による銀座もとじにての待望の初展示会が、今年4月に開催されることが決定いたしました!松枝ご夫妻との出会いから、4月に迎える展示会ま…

久留米絣 松枝哲哉・小夜子~「久留米絣」誕生秘話 & 絵絣の技法を5代に渡り伝授し続ける「松枝家」~

絵絣を得意とする松枝家の久留米絣の技を継承する松枝哲哉・小夜子ご夫妻による銀座もとじにての待望の初展示会が、4月24日から開催されます!昨年秋の松枝ご夫妻との出会いから、初展示会へ向けての「ものづくり…

久留米絣 松枝哲哉・小夜子 - 二人展|和織物語

日本の染織作家は、一般に友禅や型染など「染め」の作家と、紬や絣などの「織り」の作家に大別される。 松枝哲哉・小夜子夫妻は、久留米絣の技術をもって表現する「織り」の作家ということになる。しかし、日本の染…

もっと見る

松枝小夜子

1956年 熊本市に生まれる
1979年 宗廣力三氏に師事
1982年 日本工芸会西部工芸展入選
1984年 福岡県展奨励賞
1985年 松枝哲也と結婚
1988年 日本伝統工芸展初入選
1989年 日本工芸会西部工芸展・朝日新聞社金賞
1990年 第15 回全日本新人染織展大賞・通産大臣賞
1994年 重要無形文化財久留米絣技術保持者会会員認定
1997年 日本工芸会正会員認定
2012年 第46 回日本伝統工芸染織展
     日本経済新聞社賞
国指定重要無形文化財「久留米絣」技術保持社会会員、日本工芸会正会員

Coordinateコーディネート

作家産地一覧に戻る