MENU
桝屋高尾

西陣織・桝屋高尾(ますやたかお)

卓抜した意匠性で、趣味的でありながら
エレガントな通好みの風格。

京都西陣の名門「桝屋高尾」。代表を務める高尾弘さんは1935年に西陣に生まれ、 16才で父を亡くしてからは伯父を師匠として技術と感性を磨き、1960 年に家業を継ぐ形で株式会社桝屋高尾を設立。「従来に無い独創的で美しい織物を創りたい」という一心でものづくりをされています。「桝屋高尾」の織物の魅力は、その卓抜な意匠の美しさに加え、手にした時の軽さやしなやかさで材質の良さが実感されるところにあります。代名詞ともなっている「ねん金」をはじめ、様々な風合い、織味をもった織物の創作に取り組まれ、趣味的でありながらもエレガントな、上質な個性の逸品が揃います。

Reading読みもの

桝屋高尾 - 高尾弘から朱子への継承の旅展|和織物語

今月のぎゃらりー泉は、京都で織物業を営む「桝屋高尾(ますやたかお)」当主、高尾弘氏そして現在跡継ぎの道を歩み始めた娘、朱子さんとの親子展を行います。高尾弘氏は1978年に名古屋の徳川美術館から難解な「無地…

Coordinateコーディネート

作家産地一覧に戻る