MENU
益田勇吉

大島紬・益田勇吉(ますだゆうきち)

まろやかな白さに都会的な色絣が映える
“白恵泥”大島紬を発案。

益田勇吉さんは、奄美大島の東に位置する喜界島の出身で、現在は鹿児島市内の工房で制作されています。いわゆる古典柄は少なく、ほとんどが益田さんオリジナルの、現代の感性に似合うようにと創作されたすっきりと都会的柄行きです。 また、益田勇吉さんは白泥大島を生み出された方でもあります。 長年の研究によって開発されたその技術は「白恵泥(はっけいどろ)」と称されています。島津藩御用達の白薩摩焼の白土でもある、入来鉱山で何万年もかかってできた泥の粒子を、2ヶ月かけて徹底的に不純物を取り除いた白泥にしてから糸を染めることで、極上の白泥大島紬を作り上げています。 その特別な染技法によって、軽くてしなやかな風合い、そしてまろやかな白へと変貌した上質な風合いが実現しています。 銀座もとじでは、極上の絹糸「プラチナボーイ」の大島紬の制作を依頼し、お好みの色絣で作るオートクチュールも承っています。

オンラインショップ

Reading読みもの

「春の白大島~白を極め、よりしなやかに~」ぎゃらりートーク開催レポート

鹿児島県で大島紬を作られている作家、益田勇吉さん。 薩摩焼に使われる白泥で糸を染める“白大島”を得意とされる益田勇吉さんに、 今回は、すべてプラチナボーイの生繭の糸で“春の白大島”と題して新作を制作して…

白泥染め大島紬の誕生・特徴について

大島紬の中でもモダンで明るい表情が人気の「白泥染め大島紬」。銀座もとじが大島紬作家・益田勇吉さんと制作する白泥染めの大島紬はすべて極上の絹糸・プラチナボーイを用いて作られ「白恵泥(はっけいどろ)」とい…

Coordinateコーディネート

作家産地一覧に戻る