MENU
lebarsmiyahiraginko

国画会正会員 首里花織・ルバース・ミヤハラ・吟子(るばーすみやひらぎんこ)

琉球王朝の伝統と格調を引継ぎ
都会的な感性で織り出す現代の首里花織。

ルバース・ミヤハラ・吟子さんは首里織の重要無形文化財保持者(人間国宝)・宮平初子さんの娘として生まれ、染織の世界に入られました。伝統を引き継ぎつつも美しい色彩センスで独自の作品をつくられています。国画会会員としても活躍され、現在は沖縄県指定無形文化財保持者として沖縄県立芸術大学で後進の指導にもあたっている首里織の第一人者です。 約500年にわたる琉球王府時代の首都・首里。その地で培われてきた首里の織物は、貴族や士族など高い身分の人々のための衣裳として作られ、美しく格調高い織物が創作されてきました。戦後、一度はその伝統が途絶えそうになったことがありましたが、宮平初子さんが復興に努め、復活。現在、首里の織物は七種類(首里花織、道屯織、花倉織、諸取切、手縞、煮綛芭蕉布、花織手巾)の技法が伝えられています。

オンラインショップ

ルバース・ミヤハラ・吟子

1973年 女子美術大学芸術学部卒業
首里織染織家宮平初子工房に入所
1977年 フランスゴブラン国立製作所開発研究室研修
1979年 首里織染織家宮平初子工房に復帰
1982年 アトリエ・ルバース開設
沖縄県工芸公募展最優秀賞
1983年 国展会会友優作賞
国画会会員
1986年 沖縄県立芸術大学非常勤講師
1987年 沖展会員
国際服飾学会会員
1988年 沖縄県立芸術大学講師
1990年 沖縄県立芸術大学助教授
1991年 沖縄県指定無形文化財「本場首里の織物」技能保持者認定
1992年 沖縄タイムス芸術選奨大賞
1996年 「空の日」芸術賞
1997年 米国メトロポリタン美術館客員研究員
2003年 沖縄県立芸術大学教授
2016年 沖縄県立芸術大学教授退任記念展
     於 沖縄県立芸術大学
首里織保存会会員、沖縄県立芸術大学名誉教授

Coordinateコーディネート

作家産地一覧に戻る