MENU
京友禅

京都府・京友禅(きょうゆうぜん)

多色使いと金彩や刺繍の加飾による
気高い華やぎは日本の着物の代名詞。

丹波市青垣町で織られる丹波布は、江戸時代末に始まる伝統の織物です。一度は途絶えてしまった幻の布を、昭和色に民芸活動家・柳宗悦氏に見出され復興しました。 経糸緯糸ともに手紡ぎの木綿糸で織られますが、時には緯糸に綿と絹を混ぜて紡がれた糸が用いられることもあります。 本来の呼び名は縞貫や佐治木綿でしたが、柳宗悦氏が「日本工芸」で丹波布の名で紹介して以来、丹波布の名で通るようになりました。ざっくりとした風合と素朴な美しさから、柳宗悦氏に「静かな渋い布」と称されて愛されたと言われます。 文献や人々の記憶をたどりよみがえった丹波布は、伝統的な技法を守り、手紡ぎ糸、草木染め、手織りとすべての工程を手作業で作られています。素朴な風合いの縞木綿布として現代に継承されています。

Coordinateコーディネート

作家産地一覧に戻る