MENU
喜多川俵二

人間国宝 有職織物・喜多川俵二(きたがわひょうじ)

俵屋・喜多川家に、千年の年月を
超えて受け継がれる悠久の美。

俵屋・喜多川家は、室町時代以来500年余、西陣で唐織の機屋としてつづき、江戸時代からは有職(ゆうそく)織物を手がけてきました。俵二氏は、1988年(昭和63年)に俵屋・喜多川家18代目を継承し、1999年(平成11年)には父である平朗氏に次いで「有職織物」で重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されています。 有職織物は、古く中国より伝えられた織物が平安時代になって色調や文様が日本人好みに和様化され、 平安の公家たちが宮廷の儀式や日常の服飾に用いた日本独特の織物。 喜多川家は、歴代の皇室の即位式やご成婚の装束を製織し、また伊勢神宮において20年ごとに行われる式年遷宮の御料織物の製織も代々担っています。

Reading読みもの

俵屋十八代・喜多川俵二「千年の時を超えた典雅な織」|和織物語

「気品」があって「優美」。そして「繊細」・・・「華麗」「優雅」。 どの言葉をもってしてもこの実物を表現するには足りない。それほど素晴らしい織物がある。手にとった人が息を飲み、身に着けた人が必ずと言って…

俵屋十八代・喜多川俵二の世界|和織物語

今月は、俵屋十八代を1988年に継承し、「有職織物」で人間国宝にも認定された喜多川俵二氏をご紹介します。 古来から受け継がれてきた文様に現代の息吹を吹き込み、身に付ける人が必ずと言っていいほど「典雅」「優美…

俵屋十八代・喜多川俵二~千年の時を超えた典雅な織~|活動レポート

冬の青空から暖かな陽射しが降りそそぐ2008年12月6日(土)、有職織物の人間国宝 俵屋18代 喜多川俵二氏(昭和11年-)を迎えての「もとじ倶楽部」が、銀座・資生堂ビル8Fで開催されました。伊勢神宮の式年遷宮の御神…

もっと見る

喜多川俵二

1936年 京都西陣・俵屋17代喜多川平朗(故・重要無形文化財保持者)の次男として生まれる
1988年 俵屋18代を継承
1989年 伊勢神宮式年遷宮神宝装束「錦」「羅」「紗」等を製織
1990年 秋篠宮殿下 紀子様御婚儀装束「御即帯」「十二単」製織
     天皇御即位御大典御装束「御即帯」「十二単」製織
1993年 皇太子殿下 雅子様御婚儀装束「御即帯」「十二単」製織
1999年 重要無形文化財(人間国宝)の認定を受ける

Coordinateコーディネート

作家産地一覧に戻る