MENU
菊池洋守

八丈織・菊池洋守(きくちひろもり)

極上の無地や縞。綾織の文様が
淡く浮かぶ、都会的な八丈織。

極上の無地。そう言葉にしたくなる上質な美しさを奏でる菊池洋守氏の八丈織。 綾織特有の文様が生地に淡く浮かび、品良い光の陰影は、目を見張る美しさです。 八丈島に工房を構えものづくりをされていますが、いわるゆ黄八丈の伝統的な染織技法にとらわれることなく、独自の世界感、染織技法を生み出されています。1940年東京都八丈島生れ。中学を卒業後、染織家 故・柳悦博さんに師事され、内弟子として7年間修業の後独立し、1962年八丈島に工房を構えられました。悦博さんの縁から白洲正子さんとも交流があり、白洲さんの店「こうげい」でも作品が取り扱われ、白洲さんご自身も好んで菊池洋守さんの作品をお召しになられていたと言います。 菊池洋守さんの作る光沢感のある無地紬は美しい華やぎがあり、現代のきものシーンでもすっきりと都会的に着こなせると高い支持を集めています。

Reading読みもの

菊池洋守作八丈織「黒八丈 小さな市松」 着尺|店主 泉二弘明のおすすめの逸品

2012年7月12日より、「八丈織 菊池洋守展」を開催させていただきます。極上の無地。そう言葉にしたくなる上質な美しさを奏でる菊池洋守氏の八丈織。 綾織特有の美しい文様が生地に淡く浮かんだ無地感には、光を一心に…

Coordinateコーディネート

作家産地一覧に戻る