MENU
犬飼千賀子

友禅・犬飼千賀子(いぬかいちかこ)

草木の凛とした美しさと可憐さ。
貴女と自然がひとつになる、季節の染め帯。

犬飼千賀子さんのテーマは「季節の染帯」。四季を巡る絵巻物の一場面のような叙情的な作風は、凛とした美しさの中にも女性らしい可憐さ、やわらかな気配を感じさせます。山形県鶴岡市に生まれ、現在は京都に工房を構える犬飼千賀子さん。大学卒業後、京都の友禅染の世界へ入り、現場で技術を学びながら25歳の若さで独立。その後のコシノヒロコさんとの仕事を始め、着物の世界とはまた違った出会いやさまざまな経験が、色加減や構図に都会的な洗練されたセンスを演出させています。ご本人も着物を着られるからこその豊かな表現性。自然と一体となり四季を纏う歓びをお楽しみにいただけます。

Coordinateコーディネート

作家産地一覧に戻る