MENU
服部綴工房

綴れ織・服部綴工房(はっとりつづれこうぼう)

爪掻き本綴れならではの
気品あふれる表情と締め心地の良さ。

綴れ織の名門、西陣に工房を構える服部綴工房。今では職人の数も少なくなった希少な“爪掻き本綴れ”による芸術性高い作品を作り出しています。 “爪掻き”とは、綴れ織を制作する際に、その織り目の糸をギザギザに削った爪でたぐりよせるようにして、ひと目ひと目整えていく技法のことです。職人さんは毎朝、中指と薬指など2本の指の爪を糸の細さに合うように削って機に向かいます。綴れ織はたて糸をよこ糸で包んで、階段状に織り上げていく技法なので、その爪の力加減ひとつで線状美が決まるといいます。中には、織物とは信じられないような暈し模様や絵画と見紛う繊細な表現がほどこされた作品も。気品あふれる表情の美しさと締め心地の良さは、他に代わるもののない稀有な織物です。

オンラインショップ

Coordinateコーディネート

作家産地一覧に戻る