MENU
博多織

福岡県・博多織(はかたおり)

幕府への献上品として発展した織物。
独鈷と華皿、縞柄を合わせた献上柄が有名。

博多献上の献上帯という名称は、慶長5年(1600年)福岡・筑前を領有していた黒田長政(黒田官兵衛の息子)が、幕府への献上品として博多織を送ったことに由来します。 仏具の独鈷と華皿を図案化した2種類の文様と、両子持縞と中子持縞の2種類の縞を合わせた柄を献上柄といい、両子持縞は親子縞、中子持縞は孝行縞と呼ばれることから、幕府への忠誠を示すもとして献上品や縁起物に重宝されました。たくさんの細い経糸に太い緯糸を強くしっかりと打ち込み、主に経糸を浮かせて柄を織り出すのが特徴です。 博多織の帯は通年お使いいただけますが、夏向けには紗を織りだした紗献上があります。

Coordinateコーディネート

作家産地一覧に戻る