MENU
江戸小紋

関東・江戸小紋(えどこもん)

時を超えて漂う気品と粋。
武士の裃から発達した微細な型染め模様。

江戸小紋は江戸時代に武士の礼装である裃(かみしも)から発達したものです。参勤交代で江戸に集まる各藩の武士たちが自分たちの藩を象徴するため特定の柄を定めて各藩の「定め柄」としました。 江戸幕府が細かい柄の小紋を武士の公服としたこと、また華美な着物を禁止した「奢侈禁止令」が断続的に発令されたこともあり、各藩が競って微細な柄を求めるようになり、伊勢型紙の彫師、染める小紋師ともに、職人たちの手技は限界への挑戦ともいえるほど高度で卓越したものとなりました。微細な小紋柄を他の小紋と区別して、1955年に重要無形文化財保持者として小紋師・小宮康助氏を指定する際に、 他の小紋と区別をするために「江戸小紋」と呼ばれるようになりました。 「鮫」「 行儀」「角通し」の江戸小紋三役に、「縞(万筋)」「大小あられ」を加えて江戸小紋五役といいます。 三役、五役の文様は紋を入れることで略礼装とすることができ、茶席はじめ様々なシーンにお召しいただけます。

Reading読みもの

伊勢型紙の故郷・三重県鈴鹿市白子町へ行ってきました

日本工芸会正会員。群馬県高崎市に工房を構える江戸小紋師。2009年の日本伝統工芸展では、 弟子として育てている藍田愛郎さん、菊池宏美さんとともに3名で入賞を果たし、自身の作品制作と同時に 後継者育成にも確実な…

小紋師・藍田正雄~江戸小紋に懸けた熱い想い~|和織物語

江戸小紋、一見無地にも見える細やかな柄は緻密な技術の結晶から生まれる。江戸時代には武家の裃柄として重宝がられ、現代では着物好きの人達に礼装用にもお洒落用にも使える「粋」な着物として好まれている。小紋…

Coordinateコーディネート

作家産地一覧に戻る