MENU
越後上布

重要無形文化財 新潟県・越後上布(えちごじょうふ)

透けるような薄さ、軽さ。1200年の歴史と
雪国の風土に育まれた極上の夏織物。

越後上布は、現在では新潟県南魚沼市、小千谷市を中心に生産される、苧麻(ちょま、からむし)を原料とする織物です。日本を代表する上布として「東の越後、西の宮古」とも呼ばれています。1200年前から存在する日本最古の織物とされ、1955年には国の重要無形文化財、第一号の指定産地としても認定されました。 「越後上布」と呼ばれるものは、下記の条件をすべて満たしています。 (1)すべて手うみした苧麻糸であること(2)絣模様は手括りであること(3)地機で織ること (4)しぼ取りは湯もみによること(5)地白のものは雪晒しすること 福島県昭和村で生産される苧麻(ちょま)と呼ばれる麻の繊維を爪と指先で細かく切り裂いて、撚り合わせて紡いで糸にしていきます。緯糸は一反分を仕上げるのに約3ヶ月、経糸は7ヶ月もかかります。糸作りのできる職人が減り、現在、重要無形文化財の認定を受ける「越後上布」の年間生産反数はたった20~30反程と言われ、大変稀少になっています。

Reading読みもの

重要無形文化財「越後上布・小千谷縮」工房&雪晒し見学

「銀座もとじ店主 泉二弘明と行く日本きもの紀行」、第1回目として、国の重要無形文化財、そしてユネスコ無形文化遺産に指定の「越後上布」や「小千谷縮」の工房と雪晒しを見学に、8名のお客様とともに、雪深い新…

重要無形文化財「越後上布・小千谷縮」工房&雪晒し見学~続編~

2013年3月14日 <きもの紀行編> 重要無形文化財「越後上布・小千谷縮」工房&雪晒し見学 続編「銀座もとじ店主 泉二弘明と行く日本きもの紀行」、第1回目として、国の重要無形文化財、そしてユネスコ無形文化遺産に指…

Coordinateコーディネート

作家産地一覧に戻る