MENU
東京友禅大松

東京友禅・大松(だいまつ)

伝統の糸目糊技法を守りながら
現代の東京友禅の美の世界を追求。

江戸時代より日本橋橘町において屋号を「大黒屋」 と称して染色を生業としていた野口家は、代々染色の研究をされ「東京友禅」を制作されてきました。明治に入り、野口松三郎氏が「初代大松」を名乗って以来、現在代表をつとめられる野口雅史氏で4代目となります。 友禅染は、柄の輪郭を「糸目糊」で描くことで染料の滲みやはみ出しを防ぎ、繊細な色彩表現を可能にしています。大松では、時代が江戸から東京に変わっても、江戸小袖に用いられていた真糊糸目友禅(本糸目友禅)の製法を守り続け、抑揚のついた味わいのある染上がりにこだわっています。職人達の分業による古典的で伝統的な技法であるこの真糊糸目友禅は、高度な技術と多彩な経験を必要とします。 大松四代目野口氏が大切にされているのは、身に纏って美しいデザインであること。「ひとつの色は隣り合わせた色により全く違った印象を受ける」という配色の妙を生かし、着姿がより美しく映える模様構成を日々模索され、高度な技術のリレーにより現代の東京友禅を牽引されています。

大松

1969年 多摩美術大学日本画科にて、日本画家横山操氏に師事
1972年 新制作協会日本画部入選
1972年 創画会入選
1973年 多摩美術大学大学院にて日本画家加山又造氏に師事
父、野口彦一郎より染繍意匠を学ぶ
東京都染織卸商業協同組合理事長
全国染色協同組合連合会副理事長

作家産地一覧に戻る