MENU

型絵染・荒川眞里子(あらかわまりこ)

「身に着けたら、どこかへ出かけたくなる」作品を。
着物への愛情が一心に注がれた、鮮やかな色彩の型絵染。

1952年北海道小樽市生まれ。着物好きなお母様の影響で、幼少の頃より手芸を好み、女子美術大学工芸科時代にはすでに多数の着物や帯を制作されていたとのこと。柳悦孝さんや柚木沙弥郎さんのもと、伝統的な染織技法をさまざまに学ぶ中で、日本民芸館にて古紅型に出会い型絵染の世界へ。創造性あふれる絵模様、鮮やかな色彩。みずみずしい感性が表現された作品はすべて身につける方のことを思って作られ、「私の着物や帯を着たら、どこかへ出かけたくなる」そういう気持ちになれるものを作りたい」と仰います。

作家産地一覧に戻る