MENU
能登上布

石川県・能登上布(のとじょうふ)

現在の織元は一軒のみの希少な麻織物。
上品な質感とシンプルなデザインが人気。

ハリのある、さらりとした肌触りが涼やかな能登上布。
上品な質感で、シンプル好みのデザインが多く、男性女性ともに人気です。
約2,000年前、第10代崇神天皇の皇女が能登の鹿西(ろくせい)町に滞在したときに「真麻の上布を作ること」を地元の人に教えたのが始まりといわれます。その後、江戸時代に近江(現在の滋賀県)から技術が伝わって発展し、昭和初期には麻織物では全国一の生産数を誇りましたがその後減少。現在では織元はたった一軒、石川県羽咋市に住む山崎仁一さんのみとなりました。1960年に石川県の無形文化財に指定されています。

Reading読みもの

重要無形文化財「越後上布・小千谷縮」工房&雪晒し見学

「銀座もとじ店主 泉二弘明と行く日本きもの紀行」、第1回目として、国の重要無形文化財、そしてユネスコ無形文化遺産に指定の「越後上布」や「小千谷縮」の工房と雪晒しを見学に、8名のお客様とともに、雪深い新…

Coordinateコーディネート

作家産地一覧に戻る