《1本の帯の着回し術》藤山千春さんの帯を用いたコーディネートのご紹介(女性編)

1本の帯で「紬」から「柔らかもの」まで

藤山千春さんと優子さんの作品は、幅広いコーディネートをお楽しみいただけます。ひと足先に、その魅力をご紹介いたします。

※「吉野間道」・・・寛永の三大名妓吉野太夫に京の豪商が贈ったと言われる、 名物裂の一種です。柳悦孝氏(柳宗悦氏の甥)らが復元し、 藤山千春さんは悦孝氏の一番弟子として師事し、完成度の高い作品を作り続けています。

今回のコーディネート使用した帯:
九寸名古屋帯 草木染 「緯吉野」

コーディネート① 与那国花織

黄色から橙色のグラデーションが美しい花織の着物に合わせて。帯の地色とのコントラストが全体を引き締めます。ご家族やご友人とのお食事会などにおすすめのコーディネートです。

コーディネートの詳細はこちら


コーディネート② 大島紬

泥染めの無地感覚の大島紬に合わせて。
濃い地色のお着物に合わせるとメリハリのある着姿となります。着物も帯もスッキリまとめると、洗練された都会的な装いとなります。美術館や観劇へのお出かけにおすすめのコーディネートです。

コーディネートの詳細はこちら


コーディネート③ 小紋

ゆれる葉模様で秋を先取る総柄の小紋に吉野間道の帯を合わせると、淡いながらも帯の差し色使いで全体的に引き締まったコーディネートになります。
帯締には着物の緑系の同系色を。
気の置けないご友人とのお食事会やお集まりなどにおすすめです。

コーディネートの詳細はこちら


コーディネート④ 小紋

帯合わせが難しい古典の総柄の小紋に吉野間道の帯を合わせると、スッキリと現代風な装いとなります。帯の中の差し色が、着物の色とも引き合い、自然なコーディネートです。
譲られた大切なお着物を現代風に甦らせることができる帯です。

コーディネートの詳細はこちら


9/12(土)インスタグラム ライブ配信-Vol.1

藤山千春さん・優子さんの最新作による男女のおすすめコーディネートをご紹介をします。
日 時 :9月12日(土) 10:30~10:50

銀座もとじ公式インスタグラム

この機会に是非フォローをお願いいたします。

藤山千春・優子 二人展 詳細はこちら

オンラインショップ 作品一覧はこちら