白・織り人 | 2月催事

(右)鐵屋園子作(神奈川県在住)九寸名古屋帯 草木染浮織「ecru」338,000円(中)須賀恭子作(長野県在住)八寸名古屋帯 白浮織238,000円 (左)岡部由紀子作(福岡県在住)八寸名古屋帯 博多織 総二重浮 変献上「和 なごみ」298,000円

日本のどこかで今日も糸を染める人、布を織る人がいる。
作り手にとって、「白」はどんな色なのだろう。
そんなふとした思いから、三人の女性に「白い帯」の制作を依頼しました。
半年の歳月を経て、想像以上、期待以上の帯が届きました。
貴方はこの「白」にどのような着姿を思い描きますか。