もとじの活動

2011年2月 山岸幸一さんの工房見学 〜寒染紅花の季節です〜

草木染織作家・山岸幸一さん。
最上川の上流、山形県米沢市赤崩にある工房は、今、
『寒染紅花』の季節です。

「寒染(冷染)」は熱をかけずにゆっくりと時間をかけて染める技法。 草木の染液は腐りやすいため、雑菌が少ない寒い季節に染めます。 さらに「水も自分も澄んでいる明け方が一番いい」という山岸さんは、 極寒の2月、一晩かけて『寒染紅花』を行います。
ある晩、その貴重な工程を拝見させていただいたのでご紹介します。

山岸幸一さんのものづくり

7月は<紅花餅作り>、1月は<寒染>をする山岸さんのものづくり。 毎年7月に作った紅花餅で翌1月に染めます。その染めはひとつの糸で3年繰り返され、 それから織り、そして山岸さんが「よし!」と思うまで大切に棚で寝かせられます。 世に出るまでは早くても5年。店主 泉二が一番惚れ込んでいる作り手です。

7月紅花摘み
AM5:00〜7:00
山岸さん栽培の
紅花を摘む季節
7月「紅花餅」作り
AM7:00〜PM4:00
その紅花の花弁で
染料となる
「紅花餅」を作ります
1月「寒染」
AM4:00〜7:00
紅花餅から作った
染液で染めます
1月「寒染」
AM7:00〜8:00
工房の裏にある
冷たい清流で
糸をさらします
1月「寒染」
AM8:00 寒染が完了!
紅花で染められた糸。
これを3年
繰り返します
5年後やっと完成!
染めに3年、
織りに1年、
そして1年以上
寝かせてから

1月の『寒染紅花』ができるまで

PM3:00

前年の7月に
作った
「紅花餅」を使います
木桶に入れます
30℃くらいの
お湯を入れて
ほぐします
そこへ、「藜」あかざという植物
で作った灰汁
を入れます
灰汁=アルカリ分。
紅色素は
アルカリ性で
抽出します
液の入った木桶を
布で巻きます

これから3時間、寝かせます

木桶を布で包んだ状態で3時間寝かせます。
木桶を使うのは、温度が徐々に下がるから。
→紅花餅の花びらを、低温でゆっくりと広げさせることで、 じっくりと紅色素を抽出していきます


PM6:00
3時間後、紅花餅から抽出した液を麻袋で漉して、絞ります。
→これでできたのが「紅の第一液」
そしてこれからまた絞った同じ紅花餅を湯に入れていきます。 この、<紅花餅を湯に入れて3時間寝かせて紅色素を抽出する> という作業を【計4回】繰り返して、紅の染液を作っていきます。
【計4回】PM6:00 / PM9:00 / AM0:00 / AM3:00 (繰り返す)


AM4:00(早朝)

4回で作った
絞り汁が完成。
そこへ「烏梅」うばいのエキス
を入れます
「烏梅」は
梅にすすをかけて
100日地下で蒸し、
天日で干したもの
舌で酸味を
確かめます。
(アルカリ⇒弱酸性へ)
いよいよ
糸を染めます。
何度も何度も
染めていきます
糸を絞ります。
かなり
力の要る作業
「さばき風」
両手ではたいて
繊維に空気を
入れてさらに発色
脱水をして
糸をかけます
烏梅を足しつつ
作業を繰り返すと
こんなに真っ赤に!
残液を温めると
最後の一粒子まで
紅色素が糸に
吸収されます

AM6:00〜8:00

紅色の糸を持って
極寒の外へ。
工房裏にある
最上川上流の清流へ
1年目だけでなく
2年、3年
染め重ねた糸も
1つずつ
丁寧に
大切に

冷たい清流の中で糸をさらします。
何度も何度も、冷水に浸け、空気に触れさせ、を繰り返すことで、 さらに紅が発色!
当日は-12℃の極寒の朝。
山岸さんはシャツ1枚に作務衣という姿。
水に浸かった手が冷たさでみるみる真っ赤になります。


さらした後は
糸を干します
ここでも
「さばき風」
をしながら
8:00 完成!

(文/写真:伊崎智子)

山岸幸一さんについてはこちらから


【ネットショップ】「山岸幸一」コーナーはこちら


山岸さんの『寒染紅花』について


山岸幸一さんの『紅花餅』の作り方


【山岸幸一さん×プラチナボーイ】について


【山岸幸一さん×店主 泉二】のひとくち対談


山岸幸一さんの『工房案内図』があります!


山岸幸一さんの工房見学レポート


山岸さんも飼っている『天蚕』のご紹介


2011年2月27日(日)ぎゃらりートークレポート


2009年2月28日(土)ぎゃらりートークレポート