新着情報・ニュース詳細

2018/04/21 染織作家・矢野まり子さんのぎゃらりートークを開催いたしました。

(左から:店主・泉二弘明、矢野まり子さん)

4月21日(土)、染織作家・矢野まり子さんをお迎えし、ぎゃらりートークを行いました。

前回の初個展から、7年ぶりとなる2回目の個展催事。
4年前に工房を移られた「今」の矢野さんを知るぎゃらりートークになりました。

銀座もとじと矢野さんの出会いは、2010年3月。
店主・泉二が京都で、一枚の着物に惚れたことから始まりました。

最も美しい状態で糸をとるために細部までこだわり抜いた、丁寧な手仕事。
撚糸機を自宅に設置したり、独自の水質調査や、貴重な染料を採集しにあらゆる土地へ赴くなど、努力を惜しまないひたむきな姿勢がその手仕事の背景に。
糸一本に込められた矢野先生の妥協しないものづくりが、作品を見て手にとった人の心を揺さぶります。

この日、矢野さんがお召しになられているお着物は、自ら手掛けた作品。上半身から袖にかけては臭木、裾まわりは藍で染められ、知的で凛とした矢野さんをより引き立てています。
熨斗目を基調とした胸元と膝上に入る白場が、お顔映りを良く、足を長く見えるようにと、お召しになる人の美しい着姿まで考えられて制作されています。

このようなのづくりから生まれる想いが、それぞれの着物の物語を紡ぎ、俳句として作品名に宿り展示され、矢野さんとご参加いただいたみなさまの心が繋がった催事となりました。

※矢野まり子さんにつきましてはぜひこちらもご覧ください
【銀座もとじのものづくり】矢野まり子さんの新工房訪問レポート
【和織物語】「矢野まり子 〜息をのむ輝きに魅せられて〜」
2011年ぎゃらりートークの様子はこちら


ご注文・お問い合せは、お電話 (03-5524-3222) にてもお受けしております。
[メールでのお問い合わせフォームはこちらから。お気軽にどうぞ!]