新着情報・ニュース詳細

3月催事:西郷柄展〜男物大島紬の最高位〜【開催終了】

期 間 : 2018年3月9日(金)〜11日(日)
場 所 : 銀座もとじ 大島紬、和織、男のきもの
【津田直氏 ぎゃらりートーク10日(土)】

西郷柄展〜男物大島紬の最高位〜

(左)泥大島紬 西郷柄 980,000円、 (右)白大島紬 西郷柄 330,000円

西郷柄展〜男物大島紬の最高位〜は大盛況のうちに終了いたしました。ご来店いただいた皆様、オンラインでご覧いただいた皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。


今でも奄美大島の人々が愛してやまない、西郷隆盛。男の中の男と称されるその名にちなんだ「西郷柄」は、名付けられて百年以上の歳月が経っても色褪せない格調と風格をたたえた男物大島紬の最高位です。

その名に恥じないものをと、一人一人の職人が最高の技を競い合い、集落の誇りにかけて独自の西郷柄を生み出しました。

遠目には無地に見え、近寄ると細かい格子に絣柄が織り込まれた気品ある西郷柄は、帯合わせもしやすく、女性の方にもご愛用いただいております。

島の人々の西郷隆盛への想いと共に、大切に受け継がれてきた最高技術の結晶を、この機会にぜひお手に取ってご覧ください。

【オンラインショップ】「西郷柄」コーナーはこちら

※「西郷柄」につきましてはぜひこちらもお読みください
西郷隆盛と奄美大島の縁、地図からみる集落ごとの西郷柄の特徴等について
【和織物語】「大島紬の歴史を辿る」〜男の中の男を演出する西郷柄〜」
【和織物語】「大島紬の歴史を辿る」〜龍郷柄・秋名バラ柄・西郷柄〜」

《ぎゃらりートーク》

津田直様

西郷隆盛の玄孫であり、写真家として国内外でご活躍されております津田 直氏をお迎えし、西郷隆盛の軌跡をお伺いします。

日 程 : 2018年3月10日(土)【開催終了】
時 間 : 10:00〜11:00
場 所 : 銀座もとじ 和織
会 費 : 無料 要予約
定 員 : 40名様 

津田直氏プロフィール
1976年神戸生まれ。写真家。大阪芸術大学客員教授。世界を旅し、ファインダーを通して古代より綿々と続く、人と自然との関わりを翻訳し続けている。文化の古層が我々に示唆する世界を見出すため、見えない時間に目を向ける。2010年、芸術選奨新人賞美術部門受賞。作品集に『SMOKE LINE』、『Storm Last Night』(共に赤々舎)、『SAMELAND』(limArt)など。http://tsudanao.com


■おすすめポイント■
西郷隆盛の玄孫である津田直さんは、24歳で女子教育の先駆者・津田梅子に連なる母方の祖父と養子縁組をするまでは「西郷隆直」の名で過ごされていたそうです。西郷隆盛の子孫・津田さんにとっての隆盛の存在やその人となり、雑誌の取材で行かれた奄美で抱いた思いなどをお伺いします。


西郷柄男性コーディネート

(着物)大島紬 赤尾木西郷 265,000円、 (角帯)吉野間道 参考商品

【コーディネートのご紹介】
小さな格子の中に細かい絣を織り出した西郷柄は、島の誉であり縁の深かった西郷隆盛の名前を冠して、集落ごとに技を競い合った男柄大島紬の最高峰。こちらはグレー地の泥染大島に、立体感ある吉野格子の角帯が明るく映える装い。

オンラインショップの商品も店舗で

オンラインショップの商品は店舗(各店舗一覧はこちら)でもご覧いただけます。
在庫は、銀座もとじ各店のいずれかにございますので、事前にご相談くださいませ。どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。