新着情報・ニュース詳細

2017/05/28 海老ケ瀬順子さんのぎゃらりートークを開催いたしました。

(左から:二代目啓太、海老ケ瀬順子さん、外舘和子さん)

2017年5月26日(金)から28日(日)まで、銀座もとじにて「浮き立つ文様の詩情 海老ケ瀬順子の穀織」展を開催。 28日(日)は海老ケ瀬順子さんと工芸評論家・工芸史家の外舘和子さんをお迎えしてぎゃらりートークを行いました。

穀織は、空気をはらむ極上の夏衣とされ、息をのむほどの透明感があり、光を帯びた草木染の糸がきらきらとしているといった特徴があります。

女子美術短期大学の服飾科を卒業され、民藝協会の紬織工房を持つお寺である富山県・光徳寺に入門された経緯や、人間国宝の北村武資さんに師事されていた修行時代。そして、海老ケ瀬順子さんと穀織との出会いについて、ぎゃらりートークの前半はお話をされました。

後半は、海老ケ瀬順子さんの工房のお写真を見ながら、どのように穀織がつくられるのかという制作や工房のこだわりについてを伺い、作品にかける想いを知ることができました。

そしてこの日の海老ケ瀬順子さんの装いは、なんと長着・羽織・帯まで自ら手がけられたもの。中でも穀織の羽織は、ご主人から誕生日に贈られたバラで染め上げた特別なものだと仰います。感動秘話まで披露いただき、ご参加されたみなさまに楽しんで頂いたひと時となりました。


ご注文・お問い合せは、お電話 (03-5524-3222) にてもお受けしております。
[メールでのお問い合わせフォームはこちらから。お気軽にどうぞ!]