新着情報・掲載メディア紹介


和樂 2017年2・3月号

連載 『森田空美が愛するきもの美アルチザン』 最終回 「藍田正雄 【静かな江戸小紋】 」と題して、群馬県高崎市にある藍田さんの工房を訪ねた様子が紹介されています。
伝統が息づく未来を見据え、常に技術を磨き探究を続けている藍田さんが創りだす江戸小紋の魅力が詰まった特集記事となっております。
今回、春を感じさせる梅鼠色の「献上縞」に彩樹文の九寸帯と、遊び心溢れる「梨の切り口」に染帯を合わせた二つのコーディネートを森田空美さんにセレクトいただきました。(p198-201)

p198,200
【藍田正雄】 江戸小紋 「献上縞」
【織楽浅野】 九寸名古屋帯 「彩樹文」

p199,201
【藍田正雄】 江戸小紋 「梨の切り口」
【五代田畑喜八】 【プラチナボーイ】 九寸染名古屋帯 「熨斗目に菊文」


ご注文・お問い合せは、お電話 (03-5524-3222) にてもお受けしております。
[メールでのお問い合わせフォームはこちらから。お気軽にどうぞ!]